• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新鉄道総研技術フォーラム2013 > 【鉄道総研技術フォーラム】高架構造物の監視センサに振動発電を利用

鉄道総研技術フォーラム2013

【鉄道総研技術フォーラム】高架構造物の監視センサに振動発電を利用

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/08/30 18:25
  • 1/1ページ
 鉄道総合技術研究所は、「鉄道総研技術フォーラム2013」(2013年8月29~30日)において、高架構造物の状態監視システムの一環として鋼桁の振動から電力を得る仕組みを展示した。鋼桁に圧電素子を貼り付け、列車通過時に生じる振動によって発電し、これをコンデンサなどに蓄える。蓄えた電力は、状態監視システムを稼働させるのに用いる。同システムは、加速度センサ、無線でデータを発信する中継器などから成るが、列車の通過が少ない時間帯を含めて24時間稼働させることを目指す。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ