半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【FMS】FacebookやMicrosoftがフラッシュ・メモリ業界に要望、「性能は不要、とにかくコスト」

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/08/22 06:00
印刷用ページ
Facebook社のTaylor氏
Facebook社のTaylor氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
用途によりサーバー機の構成を変える
用途によりサーバー機の構成を変える
[クリックすると拡大した画像が開きます]
NANDが徐々に浸透
NANDが徐々に浸透
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Facebook社のフラッシュ・メモリ業界への呼びかけ(その1)
Facebook社のフラッシュ・メモリ業界への呼びかけ(その1)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Facebook社のフラッシュ・メモリ業界への呼びかけ(その2)
Facebook社のフラッシュ・メモリ業界への呼びかけ(その2)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Microsoft社のVaid氏
Microsoft社のVaid氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
「Flash Memory Summit(FMS)2013」(2013年8月13~15日、米国カリフォルニア州Santa Clara)の会期初日の基調講演のトップバッターを務めたのは、米Facebook社でサーバー機などのクラウド・インフラ戦略を担当するJason Taylor氏(同社 Director, Infrastructure)である。同氏は「Flash at Facebook:The Current State and Future Potential」と題して、同社のデータセンターにおけるNANDフラッシュ・メモリ(以下、NAND)の活用状況を紹介した。

 Taylor氏によれば、Facebook社はサーバー機に対して膨大な投資を行っており、2012年のサーバー機関連の投資額は12億4000万米ドルに達した。同社はデータベース用やインデックス・サーバー用などの用途ごとに異なる構成のサーバー機を用いており、NANDの活用方法も用途ごとに異なるという。データベース用ではRAMとHDDの間を埋めるキャッシュや、HDDを置き換えるストレージとしてNANDを用いているのに対し、インデックス・サーバー向けではRAMの代わりにNANDを用いている。2010年までは同社のデータベース用サーバー機の大半が「RAM+HDD」という構成だったのに対し、2011年に「RAM+キャッシュ用NAND+HDD」、2012年には「RAM+NAND」の構成が増えてきたという。

 同氏は今後、1回しかデータを書き込めない代わりにコストを劇的に安くした「Write Once Read Memory(WORM)」を用いた“Cold Flash Storage”をサーバー機向けストレージの選択肢にしたいとの要望を語った。同社が使うサーバー機では、画像データのように後から更新されることの少ないデータの保存量が非常に多いことから、書き換え頻度の多い“ホット・データ(hot data)”を対象としない“冷たいデータ”向けに莫大なストレージ容量が必要というわけだ。「最も品質の低いNANDをサーバー機向けに利用可能としてもらいたい。書き換え速度は遅くてよく、書き換え可能回数も少なくてよいので、とにかくコストを下げてほしい」(Taylor氏)と講演会場を埋めたフラッシュ・メモリ業界関係者に訴えた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング