デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

電池レスのセンサ・スイッチはここで使う、アルプス

三宅 常之=Tech-On!
2013/07/18 14:33
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 アルプス電気は、電池や外部供給電源がなくてもオン/オフ情報を伝えられるスイッチを「テクノフロンティア2013」(2013年7月17~19日、東京ビックサイト)に展示した。電波の到達距離を長くできる、あるいは無線回路の消費電力を抑えやすい920MHz帯を採用している。

 展示したスイッチは、丸型の押しボタンの形状で、押す動作によって電磁誘導発電する。電池を内蔵せず、また外部からの電源供給が不要なので、電池交換の手間がかからず電源用配線を敷設しなくて済む。防水、防塵、無接点としているため、長寿命とする。また、競合品と比べて操作感に優れるという。

 1回の押す動作によって発生するエネルギーは約140μJ。計算上は2Vで70mAの電流を1ms供給できる。ただし、発電の開始時と終了時の発生電圧が低いため、電源ICなどが利用できない期間が発生する。仮に発電した電圧が1.5V以上の期間のみを利用する場合のエネルギーは70μJとなるという。低い電圧で動作するICを使えれば、それだけ利用できる発電エネルギーは増えることになる。電磁誘導による発電機構を実現する構造は独自のもので、独EnOcean社など既存品の特許に抵触しないように設計している。

 すでに実用レベルにあり、2014年4月に量産出荷する予定である。顧客や用途について同社は明らかにしていない。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング