• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログTECHNO-FRONTIER 2013 > 富士通セミコンダクター、150V耐圧のGaNパワー・デバイスを製品化

TECHNO-FRONTIER 2013

富士通セミコンダクター、150V耐圧のGaNパワー・デバイスを製品化

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/11 23:48
  • 1/1ページ
 富士通セミコンダクターは、150V耐圧のGaN(窒化ガリウム)パワー・デバイス「MB51T008A」を開発し、2013年7月にサンプル出荷を始めると発表した。2014年中に量産を始める予定だ。特徴は、DC-DCコンバータなどの電源回路の電力損失を低減できる点にある。導通損失を決めるオン抵抗は13mΩで、スイッチング損失を決めるゲート電荷量は16nCといずれも小さい。同社によると、「競合となるSi系パワー・デバイスと比較すると、オン抵抗とゲート電荷量の積であるFOM(figure of merit)を約1/2に削減した」という。データ通信機器や産業用電子機器、車載用電子機器の電源回路に向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓