デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【TRANSDUCERS】Auナノ粒子埋め込みTSVやALDなど実装技術が発表

田中 秀治=東北大学
2013/06/19 21:25
印刷用ページ

 「TRANSDUCER 2013」では“Packaging & Technology”セッションがありました。前回の報告(関連記事)のように、単なるウエハー・レベル・パッケージングではなく、ウエハー・レベル集積化と同時に行うパッケージングは、これからのMEMSのトレンドです。ここでは、金属-金属接合、TSV(through silicon via)、気密封止などがキー・ポイントとなりますが、見渡してみると、関連する技術の発表は結構あります。

 このセッションの最後の発表は、米California Institute of TechnologyのWu先生の研究室からで、TSVの金属埋め込みに、Auナノ粒子のインクジェットを使うものでした(論文番号T2A.007)。DRIE(deep reactive ion etching)で形成した穴に、140℃に加熱しながらAuナノ粒子を入れ、最後に250℃でシンタリングすることで、典型的には直径40μm、深さ100μmのTSVがボイドなく形成されています。ただし、Auナノ粒子の収縮によって穴の側面と金属との間には隙間が空きやすそうなので、気密封止用途にはさらなる工夫が必要だと思います。

 TSVの絶縁・拡散防止層には、ALD(atomic layer deposition)によるアルミナを用いています。私の研究室でも同様の手法を試みていますが、信頼性などはこれから調べていかねばなりません。蛇足かもしれませんが、最近、ALDはMEMS分野でもよく使われるテクニックになってきており、これを使った研究例もかなり見かけます。TRANSDUCERS 2013のPlenaryセッションでは、米Colorado UniversityのGeorge先生による有機-無機ハイブリッドALDに関するとても魅力的な講演がありました。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング