• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスTRANSDUCERS 2013 > 【TRANSDUCERS】地中の養分濃度を測定するセンサ、豊橋技科大など開発

TRANSDUCERS 2013

【TRANSDUCERS】地中の養分濃度を測定するセンサ、豊橋技科大など開発

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/06/19 14:02
  • 1/1ページ
 豊橋技術科学大学、愛知県農業総合試験場、科学技術振興機構は、農業従事者向けに、地中の養分濃度(NやPのイオン濃度)をリアルタイムで測定できるセンサを開発した(論文番号:MSP.025)。センサ部は、半導体チップで構成しており大きさは5mm角。幅8mm、長さ30cmのプリント基板に実装しており、地中に挿して使う。農地で肥料を与えた後の拡散のペースや最も養分がたまる深さなどが定量的に分かる。まずは農家を指導する普及指導員へ2013年中に導入する。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓