• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスE3 2013 > 【E3】「振動モータ数を増やしてフィードバックをリアルに」、MicrosoftがXbox Oneのコントローラをアピール

E3 2013

【E3】「振動モータ数を増やしてフィードバックをリアルに」、MicrosoftがXbox Oneのコントローラをアピール

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/06/14 16:08
  • 1/1ページ
コントローラ内部の様子。右上と左上に振動モータを追加
コントローラ内部の様子。右上と左上に振動モータを追加
[クリックすると拡大した画像が開きます]
数種類の振動を選択可能
数種類の振動を選択可能
[クリックすると拡大した画像が開きます]
マシンガンを発砲した場合
マシンガンを発砲した場合
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ヘリコプターのロータを回している場合
ヘリコプターのロータを回している場合
[クリックすると拡大した画像が開きます]
心拍
心拍
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Microsoft社は、同社の次世代の据え置き型ゲーム機「Xbox One」用コントローラの技術実演を、ゲーム関連の世界最大級の展示会「Electronic Entertainment Expo(E3)」(2013年6月11~13日、米国ロサンゼルス開催)で披露した。現行の「Xbox 360」のコントローラに比べて、振動モータの数を2個から4個に増やした。これにより、「よりリアルなフィードバックをユーザーに与えられる」(説明員)とする。

 展示ブースでは、数種類の振動を体験できるようになっていた。例えば、マシンガンを発砲した際の衝撃やヘリコプターのローターの回転の振動、心拍などである。筆者も試してみたが、それぞれ微妙に振動が異なり、リアルなフィードバックだった。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ