家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【E3プレビュー】次世代機「Xbox One」の発売時期と価格をMicrosoftが発表、対応ソフトは10種以上

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/06/11 07:19
印刷用ページ
図1 Xbox Oneの発売時期などを発表
図1 Xbox Oneの発売時期などを発表
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 「METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN」を紹介
図2 「METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN」を紹介
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 「Forza Motorsport 5」の紹介では実車が登場
図3 「Forza Motorsport 5」の紹介では実車が登場
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 「Mincraft」の最新作をXbox One向けに発売
図4 「Mincraft」の最新作をXbox One向けに発売
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5  「Twitch」に対応
図5 「Twitch」に対応
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 新しいXbox 360も発表
図6 新しいXbox 360も発表
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Microsoft社は、2013年6月10日(現地時間)、米国ロサンゼルスで2013年6月11~13日に開かれるゲーム関連の展示会「Electronic Entertainment Expo(E3)」の前日に発表会を開催した。この中で、同社の据置型ゲーム機の次世代機「Xbox One」の発売時期と価格を初めて明らかにした。2013年11月から21の市場で発売する(図1)。価格は、例えば米国では499.99米ドル、欧州では499ユーロである。

 発表会では、Xbox One対応のゲーム・ソフトを10種類以上紹介した。冒頭では、コナミデジタルエンタテインメントの「メタルギア」シリーズの最新作「METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN」を紹介(図2)。人気作とあって、会場は歓声に湧いた。

 Microsoft社のレーシング・ゲーム「Forza Motorsport」シリーズの最新作「Forza Motorsport 5」では、塗装のはげ具合まで再現したとする、CGで描いた自動車のリアルさを強調(図3)。さらに、新たな機能をアピールした。例えば、ユーザーの操作のくせを自動で学習し、そのくせを再現して、自動で他のユーザーと対戦できるようになるという。人間的なミスまで再現できるとする。

 大手のゲーム・メーカーだけでなく、「インディ・ゲーム」と呼ばれる、個人、あるいは少人数で開発したゲームを引き続き支持していくことをアピールした。Microsoft社によれば、Xboxプラットフォームを通じて400タイトル以上のインディ・ゲームを発売し、10億米ドル以上を売り上げたとする。発表会では世界で1000万本以上を販売したインディ・ゲーム人気作「Mincraft」の最新作をXbox One向けに発売することを明らかにした(図4)。

 Xbox Oneでは、ゲームのプレイ中の動画を撮影し、公開する機能を備えるという。ゲーム・プレイ中の動画をインターネット上でリアルタイムに配信するサービス「Twitch」にも対応する(図5)。

 発表会では、現行の据置型ゲーム機「Xbox 360」の外観デザインを変更した新モデルを2013年6月10日から発売することを明らかにした。外観は、Xbox Oneに似せているという(図6)。

■変更履歴
この記事の掲載後、コナミデジタルエンタテインメントから、記事内で紹介した同社のゲーム・ソフトのタイトル名とシリーズ名について変更の申し入れがありました。これに伴い、記事中で紹介したタイトル名を「Metal Gear Solid V」から「METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN」に、シリーズ名を「メタルギアソリッド(METAL GEAR SOLID)」シリーズ から「メタルギア」シリーズに変更しました。現在は変更済みです。
【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング