家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【COMPUTEX】ソニーが世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」などを発表

山口 健太=Windows Phoneジャーナリスト
2013/06/06 12:27
印刷用ページ
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2013で第4世代Core搭載のVAIO新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2013年6月5日、台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2013」に合わせて新製品発表会を開催し、世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」シリーズや、Ultrabookとして最長のバッテリー駆動時間を誇るスライダー型Ultrabook「VAIO Duo 13」を発表した(写真1)。

 「VAIO Pro 13/11」は、6月5日時点で世界最軽量(ソニー調べ)となるタッチ対応Ultrabook。13インチモデルは約1.06kg、11インチモデルは約0.87kgを実現する(写真2)。

世界最軽量のVAIO Pro 13/11

 独自のカーボンファイバー素材により、堅牢性を維持しつつ世界最軽量を達成(写真3)。キーボードにもこだわり、キーピッチとキーストロークを確保。入力作業の生産性にも配慮している。ディスプレイにはソニーのテレビ「BRAVIA」の技術を用いたTRILUMINOSディスプレイを採用、画面解像度はフルHD、タッチ操作にも対応する。

写真2●タッチ対応Ultrabookとして世界最軽量のVAIO Pro 11
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●カーボンファイバー素材を採用、驚くほど軽い
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリー駆動時間は13インチモデル(写真4)、11インチモデルともに8時間を確保。オプションの拡張バッテリー(写真5)を装着することで最大15時間の動作を可能とする。

写真4●13インチモデルでも1.06kgと非常に軽い
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●底面に装着するオプションの拡張バッテリー
[画像のクリックで拡大表示]
【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング