• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器COMPUTEX 2013 > 【COMPUTEX】ソニーが世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」などを発表

COMPUTEX 2013

【COMPUTEX】ソニーが世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」などを発表

  • 山口 健太=Windows Phoneジャーナリスト
  • 2013/06/06 12:27
  • 1/3ページ
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2013で第4世代Core搭載のVAIO新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2013年6月5日、台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2013」に合わせて新製品発表会を開催し、世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」シリーズや、Ultrabookとして最長のバッテリー駆動時間を誇るスライダー型Ultrabook「VAIO Duo 13」を発表した(写真1)。

 「VAIO Pro 13/11」は、6月5日時点で世界最軽量(ソニー調べ)となるタッチ対応Ultrabook。13インチモデルは約1.06kg、11インチモデルは約0.87kgを実現する(写真2)。

世界最軽量のVAIO Pro 13/11

 独自のカーボンファイバー素材により、堅牢性を維持しつつ世界最軽量を達成(写真3)。キーボードにもこだわり、キーピッチとキーストロークを確保。入力作業の生産性にも配慮している。ディスプレイにはソニーのテレビ「BRAVIA」の技術を用いたTRILUMINOSディスプレイを採用、画面解像度はフルHD、タッチ操作にも対応する。

写真2●タッチ対応Ultrabookとして世界最軽量のVAIO Pro 11
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●カーボンファイバー素材を採用、驚くほど軽い
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリー駆動時間は13インチモデル(写真4)、11インチモデルともに8時間を確保。オプションの拡張バッテリー(写真5)を装着することで最大15時間の動作を可能とする。

写真4●13インチモデルでも1.06kgと非常に軽い
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●底面に装着するオプションの拡張バッテリー
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ