家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【COMPUTEX】NVIDIA、LTEモデム統合型SoC「Tegra 4i」を搭載したスマホを披露

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/06/06 11:57
印刷用ページ
Tegra 4iを搭載したスマートフォン
Tegra 4iを搭載したスマートフォン
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米NVIDIA社は「COMPUTEX TAIPEI 2013」(2013年6月4~8日、台湾・台北市)に合わせて台北市内で報道機関向け説明会を開催し、同社初のLTEモデム統合型SoCである「Tegra 4i」を搭載したスマートフォンを披露した。あるODM企業が製造した端末という。Tegra 4iを搭載したスマートフォンは現在、米AT&T社によるLTEモデムの認証手続きが進められており、米国で「2014年初頭か、早ければ2013年内に発売される見通し」(NVIDIA社のマーケティング担当者)。現在、複数の端末メーカーとの商談が進んでいるという。

 Tegra 4iは、NVIDIA社のアプリケーション・プロセサに、同社が2011年に買収した英Icera社のモデムを統合したSoCである。ARM社のCPUコア「Cortex-A9 r4」を搭載し、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)の28nmプロセスで製造する。LTEモデムは現状ではカテゴリー3にしか対応していないが、近い時期に「カテゴリー4に対応させる」(前出の担当者)予定である。

 LTEモデムを統合していない28nm世代SoC「Tegra 4」に関しては、中国ZTE社のスマホへの搭載を発表済み。これ以外にも、Tegra 4のスマホへの搭載に向けた複数の商談が進んでいるという。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング