• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

【COMPUTEX】会場にTSMC会長のMorris Chang氏、「ムーアの法則はあと10年は続く」とコメント

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/06/06 09:01
1/2ページ
Qualcomm社などの講演に聞き入るMorris Chang氏
Qualcomm社などの講演に聞き入るMorris Chang氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
休憩時間にメディアが取り囲む
休憩時間にメディアが取り囲む
[クリックすると拡大した画像が開きます]
パネルディスカッションの様子。左から順に、Qualcomm社のAnand Chandrasekher氏、Ericsson社のArun Bhikshesvaran氏、ARM社のIan Drew氏、TSMCのBeen-Jon Woo氏
パネルディスカッションの様子。左から順に、Qualcomm社のAnand Chandrasekher氏、Ericsson社のArun Bhikshesvaran氏、ARM社のIan Drew氏、TSMCのBeen-Jon Woo氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「COMPUTEX TAIPEI 2013」(2013年6月4~8日、台湾・台北市)の会期2日目に開催された「Summit Forum」の会場には、Siファウンドリー最大手の台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)の創業者であるMorris Chang氏(同社Chairman & CEO)が姿を見せた。同社にとって極めて重要なパートナー企業といえる、米Qualcomm社(登壇者はPresident & COOのSteve Mollenkopf氏)と英ARM社(同Chief Marketing Officer and EVP Business DevelopmentのIan Drew氏)の講演に耳を傾けた後、会場を後にした。

 “台湾半導体産業の父”であるChang氏の来場に、地元メディアは沸き立った。休憩時間には多くの記者が同氏を取り囲み、矢継ぎ早に質問を浴びせかけた。「ムーアの法則は経済合理性の観点からあと何年続くか?」との質問に対しては「今後10年間は続くだろう」と答えた。

 Chang氏が去った後に行われたパネル・ディスカッションでは、ARM社のDrew氏とQualcomm社のAnand Chandrasekher氏(Senior Vice President and Cief Marketing Officer)、スウェーデンEricsson社のArun Bhikshesvaran氏(Cief Marketing Officer)に加えて、TSMCのBeen-Jon Woo氏(Senior Director and Director of Business Development)がパネラーとして参加。Woo氏は、Chang氏がかつて発言した「顧客が求める限り、微細化を追求し続ける」という言葉を引用しつつ、TSMCは今後も微細化に向けた技術開発と設備投資に注力すると語った。同社の現在の最先端製造技術である28nmプロセスに関しては、「2013年末までの(累計)ウエハー出荷枚数が150万枚に達する」(Woo氏)見通しとした。

「Qualcommは自社ファブを持つのか?」がパネル・ディスカッションの話題に

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【技術者塾】(2/29開催)
玩具や白物家電など日常製品から新たな電子化を読む

〜分解・分析からの未来展望シリーズ 「電子玩具」〜


「未来展望」シリーズの「電子玩具」編。玩具や白物家電など日常製品に見られる大きな電子化の変化を電子部品の立場から解説。クルマや時計などの市場を明示した上で、付加価値を高めるために一層強化すべき方向性を未来予測として提示します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月29日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング