家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【COMPUTEX】エイスース、ゲーム向けブランド「ROG」の新製品を発表

Core i7-4770Kを6.8GHzにオーバークロックするデモも実施

西村 岳史=日経パソコン
2013/06/05 12:13
印刷用ページ

 台湾エイスーステック・コンピューター(ASUS)は2013年6月4日、「COMPUTEX TAIPEI 2013」の会場でゲーム向けブランド「ROG」の発表会を開催した。ゲームプレーヤー向けのノートパソコンやデスクトップパソコンのほか、自作パソコン用のマザーボード「Maximus」シリーズの新製品を発表。会場では同社製品を使って、米インテルが正式発表したばかりのCore i7-4770K(3.5GHz)を6.8GHz以上で動作させるデモを行った。発表会の様子を写真を中心に紹介する。

第4世代Core i7を搭載したノートパソコン「G750」。ディスプレイは17.3型と大きい。解像度は1920×1080ドット。メモリーはDDR3-1600を最大32GB搭載可能。ゲームでは重要なグラフィックスチップには米エヌビディアのGeForce GTX 700Mシリーズを採用した。HDDは2台搭載可能。重量は4kg
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームプレーヤー向けのタワー型パソコン「TYTAN G30」。デスクトップパソコン向けの第4世代Coreの中での最上位モデル、Core i7-4770Kを搭載する。定格が3.5GHz、ターボ時3.9GHzのところ、4.1GHzにしてあるという。グラフィックスボードはGeForce GTX 670搭載品。メモリーはDDR3-1600を8GB、ストレージとして2TBのHDDと128GBのSSDを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
ROGシリーズのマザーボード「Maximus」シリーズの上位モデル「Maximus VI Extreme」。チップセットはIntel Z87で、第4世代Coreに対応する。オーバークロックのために特別な作りにしている
[画像のクリックで拡大表示]
廉価版の「Maximus VI Hero」。ROGシリーズとして統一されたデザインだが上位製品に比べて機能は少なく作りが異なる。Z87搭載、LGA1150ソケットで第4世代Coreプロセッサーを利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
MaximusシリーズのmicroATX版「Maximus VI GENE」。こちらも同じくZ87チップセットを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
耐久性を売りにしたASUSの「TUF」シリーズのように、基板を覆うカバーが特徴の「Maximus VI Formula」
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング