3Dプリンター 造形技術と装置、活用法の3Dプリンティング最新動向
 

【DMS展】ExOne社、バインダにアルカリフェノール樹脂を使用する砂型用3Dプリンタを発売---耐熱性や硬度を向上

中山 力=日経ものづくり
2013/06/03 19:55
印刷用ページ
 ExOne(本社神奈川県小田原市、以下エクスワン)は、CADデータからダイレクトに砂型を造形できる3Dプリンタの新製品「S-Print HHS(High Heat Strength:耐熱強化仕様)」を発売した。バインダ(結合剤)としてアルカリフェノール樹脂を採用したことで、耐熱性や硬度が高い砂型を造形できるようになり、より複雑で薄肉形状の鋳物に向く。同社は、同3Dプリンタを使用した鋳造用砂型の製造/販売も併せて開始する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング