• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME3DプリンティングDMS 2013/M-Tech 2013/MEDIX 2013 > 【DMS展】ExOne社、バインダにアルカリフェノール樹脂を使用する砂型用3Dプリンタを発売---耐熱性や硬度を向上

DMS 2013/M-Tech 2013/MEDIX 2013

【DMS展】ExOne社、バインダにアルカリフェノール樹脂を使用する砂型用3Dプリンタを発売---耐熱性や硬度を向上

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/06/03 19:55
  • 1/1ページ
 ExOne(本社神奈川県小田原市、以下エクスワン)は、CADデータからダイレクトに砂型を造形できる3Dプリンタの新製品「S-Print HHS(High Heat Strength:耐熱強化仕様)」を発売した。バインダ(結合剤)としてアルカリフェノール樹脂を採用したことで、耐熱性や硬度が高い砂型を造形できるようになり、より複雑で薄肉形状の鋳物に向く。同社は、同3Dプリンタを使用した鋳造用砂型の製造/販売も併せて開始する。

おすすめ