半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

【ECTC】参加人数は過去最高の1300人、投稿数も新記録を達成

木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
2013/06/01 13:31
印刷用ページ

 半導体パッケージ技術の国際学会「2013 Electronic Components and Technology Conference(ECTC)」(2013年5月28~31日、米国ラスベガス)が閉幕した。最終日の昼食時には参加人数などの数字が発表された。

(昼食時の様子)
[画像のクリックで拡大表示]

 参加人数は最終的に1300人以上に達し、2012年の1225人を超えて過去最高となった。会場では「景気が上向いていることが背景にあるのではないか」といった声が聞かれた。

 アブストラクトの投稿数は今回646件と、こちらも過去最高を記録した。ちなみにECTCでは、限られた文字数のアブストラクトを投稿し、その内容を論文委員がチェックして採択する。採択率は例年50%ほど。論文の提出はその後になるため、場合によっては期待外れの論文が出てくることもあるという。

(最終日に発表されたECTCの資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 アブストラクトの投稿数の内訳は、大学が43%、企業が43%、研究機関が14%である。なお、2012年は大学が49%、企業が40%、研究機関が11%だった。

 採択論文数は377件(2012年は347件)であり、このうち米国は圧倒的多数で第1位だが、日本は第2位と健闘している。また、台湾からの発表が増えており、特に今年は台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)からの発表が多かったという。

TSV関連はややトーンダウン

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング