• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013 > 【人とくるま展】ドイツZF社、後輪操舵用の電動アクチュエータを展示

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013

【人とくるま展】ドイツZF社、後輪操舵用の電動アクチュエータを展示

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2013/05/31 11:50
  • 1/1ページ
 ドイツZF社は、後輪操舵用の電動アクチュエータ「AKC(Active Kinematics Control)」を「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した。ロッドが左右に2本出るタイプと、ロッドが1本で、片側に突き出すタイプがある。前者は現在のステアリングギアのように中央に1個置き、左右にそれぞれタイロッドを取り付けてハブを動かす「セントラルアクチュエータ」として使う。後者は「シングルアクチュエータ」「デュアルアクチュエータ」の2種類の使い方ができる。シングルはステアリング機構のうち1カ所を動かす。デュアルは左右2個使い、それぞれの後輪ハブの後ろ側リンクをアクチュエータに置き換える。今回はこのうちデュアルを展示した。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓