• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013 > 【人とくるま展】アドヴィックス、アルミ合金と鋳鉄を新方式で締結したブレーキ用ロータを出展

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013

【人とくるま展】アドヴィックス、アルミ合金と鋳鉄を新方式で締結したブレーキ用ロータを出展

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/05/27 19:15
  • 1/1ページ
 アドヴィックスは、ドーナツ状の鋳鉄製ブレーキディスクとアルミニウム合金製の中心部(ハット)の2部品を組み合わせる2ピースロータについて、新締結方式によって締結部品削減と生産性向上、精度向上を図った新製品を「人とくるまのテクノロジー展2013」(2013年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。ディスクとハットに車軸と平行な方向の穴を開けてピンを通し、カシメて締結することで、ボルト・ナットによる締結に比べて工数と部品数を削減した。トヨタ自動車のレクサスGS F SPORT仕様に採用されたという。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓