デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【SID】「新しい時代に入った」とパナソニック、高効率有機ELパネルを公開

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2013/05/27 14:06
印刷用ページ
パナソニックが今回作製した有機EL照明パネル。寸法は約8cm角で、発光効率は3000cd/m<sup>2</sup>の場合に88lm/Wだが、デモでは約5000cd/m<sup>2</sup>で発光させているという。
パナソニックが今回作製した有機EL照明パネル。寸法は約8cm角で、発光効率は3000cd/m<sup>2</sup>の場合に88lm/Wだが、デモでは約5000cd/m<sup>2</sup>で発光させているという。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニックは2013年5月14日に発表した、高効率有機EL照明パネルの詳細について、学会「SID 2013」で発表し、さらにオーサーズ・インタビューでパネルを公開した(関連記事)。

 同学会でパナソニックは、同社が開発してきた光取り出し技術「BLES(built-up light extraction substrate)」を、詳細なシミュレーションを通して最適化することで発光効率114lm/Wを実現したと発表した。「100lm/Wの壁を超えたことで、有機EL照明は新しい時代に入った」(同社)という。

 具体的には、発光層から出てくる光の角度分布を、BLESで利用するマイクロレンズ・アレイ(MLA)で最も光が取り出しやすい角度分布に近づけた。これによって、BLESの光取り出し効率は、約50%に高まったという。

 作製したパネルは、寸法が1cm2、輝度が1000cd/m2、駆動電圧が5.5Vの場合に発光効率114lm/W。輝度が3000cd/m2、駆動電圧6.0Vの場合に同102lm/Wである。発光寿命(LT70)は初期輝度1000cd/m2の場合に4万時間。昨年のSID 2012で発表した101lm/Wのパネルの同1万時間の4倍と大きく伸びた。「効率が高まったことで、電流を減らすことができたから」(同社)という。一方、発光色はやや黄色くなり、一般演色指数(CRI)は昨年の86から今回は80に低下した。

 同社はより大きな寸法の有機EL照明パネルの作製例についても発表した。面積が25cm2のパネルは輝度1000cd/m2での発光効率が110lm/W、面積が64cm2(約8cm角)のパネルは、輝度3000cd/m2での発光効率が88lm/Wだった。オーサーズ・インタビューではこの64cm2のパネルを実演した。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング