• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013 > 【人とくるま展】ドイツThyssenKrupp社、局所焼き入れで1900MPa級の高張力鋼製Bピラー

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013

【人とくるま展】ドイツThyssenKrupp社、局所焼き入れで1900MPa級の高張力鋼製Bピラー

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2013/05/24 20:44
  • 1/1ページ
 ドイツThyssenKrupp社は、1900MPa級の高張力鋼製Bピラーを「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した。ピラーの上の方を1900MPa級、下の方を700MPaとする局所焼き入れ技術を開発した。肉厚を1500MPa級の1.7mmから1.5mmにしても同じ強さを得ることができる。近い将来欧州車で実用化する模様で、住友金属工業(当時)、アイシン高岳、マツダが開発した1800MPa材をしのいで“世界最強のホットプレス材”になる。
クラウド、ビッグデータ、人工知能がクルマの進化を促すの告知サイト

おすすめ