日経テクノロジーオンライン

【人とくるま展】大成プラスと三井化学、Al板金2枚を“モナカ”状に組み合わせた中に発泡PP

2013/05/24 16:39
浜田 基彦=日経Automotive Technology
 大成プラスは三井化学と共同で、Al(アルミニウム)板金2枚を“モナカ”状に組み合わせた中に発泡PP(ポリプロピレン)を充填した部材を開発、「人とくるまのテクノロジー展2013」に展示した。シートの背もたれ左右のフレームに使うことを想定した試作品だ。Al板の肉厚はそれぞれ0.25mm、発泡PPの厚さは4mm。従来は肉厚1.6mmの鋼板1枚をコの字状にしていた部材である。板の間隔を広めにとることで断面係数を稼ぎ、強さ、剛性を高めた。強さ、剛性が同じ鋼製部材に比べて質量を1/3にできる。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。