• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスMEDTEC Japan 2013 > 【MEDTEC】ユニオンツール、薬事認証を取得した体動センサを展示

MEDTEC Japan 2013

【MEDTEC】ユニオンツール、薬事認証を取得した体動センサを展示

  • 小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
  • 2013/05/01 16:00
  • 1/1ページ
展示品
展示品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
測定データの例
測定データの例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ユニオンツールは、「MEDTEC Japan 2013」(2013年4月24~25日に東京ビッグサイトで開催)において、心拍(数・周期・波形)と体動(3軸加速度)、体表温を同時に測定できる体動センサ「WHSm-1」を展示した。2013年夏までに量産を始める計画である。

 既に同社は、同様の機能を備える一般向けの「ウェアラブル心拍センサ」を実用化している(関連記事)。これに対して今回の体動センサは、薬事法の認証を2013年初に取得したもの。リハビリなどの用途で病院やクリニックに向けて販売することを想定した製品である。

 一般向けのウェアラブル心拍センサと同様、電極パットを介して、胸部に直接貼り付けて使う。2.4GHz帯の無線通信機能を搭載し、測定データは無線送信できる。センサの大きさは40.8mm×37mm×8.9mm。重さは、電池を含み13gである。ボタン電池(CR2032)1個を使用する。

 今回の製品は、前述のような専門的な用途に向けたものであるため、「アルゴリズムを改良して3軸加速度センサの測定精度を高めた」(ユニオンツールの説明員)。さらに、製造工程で1台ずつ補正を実施することで、端末ごとのバラつきの低減を図るという。

【新刊】日経デジタルヘルス別冊

『医療ビッグデータ2016』
CD-ROMも同時発売


医療ビッグデータの“入口”から“出口”まで、という視点でこの1年の動きを1冊に。日経デジタルヘルスによる取材情報を中心に「全体動向」「実臨床・サービス」「データヘルス」「ウエアラブル」「データ解析」「プライバシー」の章に分類。2015年3月に開催した「医療ビッグデータ・サミット2015」の様子も最終章に掲載。詳細はこちら

2015年12月9日発行
A4変型判 196ページ
編集:日経デジタルヘルス

おすすめ