• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材MEDTEC Japan 2013 > 【MEDTEC】トークシステム、点滴スタンドや上肢台の高さ調整を片手で行えるクランプを開発---生産設備での活用も想定

MEDTEC Japan 2013

【MEDTEC】トークシステム、点滴スタンドや上肢台の高さ調整を片手で行えるクランプを開発---生産設備での活用も想定

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/04/25 17:07
  • 1/2ページ
図●トークシステムが新開発のクランプを使って試作した、片手で高さ調整できる点滴スタンドと上肢台。点滴スタンドの細めのパイプについている白色の樹脂部品がグリップ。
図●トークシステムが新開発のクランプを使って試作した、片手で高さ調整できる点滴スタンドと上肢台。点滴スタンドの細めのパイプについている白色の樹脂部品がグリップ。
[画像のクリックで拡大表示]

 トークシステム(本社東京)は、点滴スタンドや上肢台(採血などの際に腕を載せる台)の高さを片手で調整できるクランプを開発し、同クランプを用いて試作した点滴スタンドや上肢台を「MEDTEC Japan 2013」に出品した(図)。

 同クランプは、太めのパイプの内側に細めのパイプを挿入した伸縮式のパイプに適用可能なもの。太めのパイプに対して細めのパイプを固定したり、開放してスライド可能にしたりすることができる。しかも、細めのパイプに配したグリップを軽く持ち上げるだけでクランプを開放できるため、同グリップを握ったまま、細めのパイプをスライドさせられる。

 新開発のクランプの保持力は、太めのパイプの内径が直径22mmのもので600N。同社によると、生産設備などでの活用も想定したものという。

 同社は、ノウハウとして、同クランプの構造を明かさない。ただ、軸に対してスライドする可動部をクランプする同社の既存製品を応用したものという。この既存のクランプは、可動部に設けた穴と軸の間にはめ込むもので、アウターリングとローラ、ローラを保持するリテーナ、およびばねから成る。可動部の穴にはアウターリングを、アウターリングの中にはローラを保持したリテーナを、リテーナの内側には軸を挿入するといった構成だ。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ