• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスICEP 2013 > 【ICEP】高精度な熱物性計測や高い能力を有する冷却手法など、サーマル・マネジメント技術に注目

ICEP 2013

【ICEP】高精度な熱物性計測や高い能力を有する冷却手法など、サーマル・マネジメント技術に注目

  • ICEP2013 論文委員
  • 2013/04/15 14:57
  • 1/1ページ
 電子機器の薄型化が進み、あらゆる機器が電子制御になり、パワーエレクトロニクス分野がより一層の発展を迎えている現在、電子機器の熱設計の重要性は年々増している。「International Conference on Electronics Packaging(ICEP) 2013」(2013年4月10~12日、大阪国際会議場)におけるサーマル・マネジメントのセッションは、計4セッションが設けられ、その現状を反映しているように感じられた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓