• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスICEP 2013 > 【ICEP】カーボン・ナノチューブなど、新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術を議論

ICEP 2013

【ICEP】カーボン・ナノチューブなど、新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術を議論

  • ICEP2013 論文委員
  • 2013/04/14 20:24
  • 1/1ページ
 半導体チップとパッケージ基板を接続する第1次実装(first level interconnect)に使用される新たな素材として、Au(金)ワイヤからCu(銅)ワイヤへの移行とともに、はんだバンプから、カーボン・ナノチューブ(CNT)や、Cuバンプ同士の接合などへのシフトが進みつつある。こうした新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術が「International Conference on Electronics Packaging(ICEP) 2013」(2013年4月10~12日、大阪国際会議場)で議論された。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓