• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME電子デバイスICEP 2013 > 【ICEP】カーボン・ナノチューブなど、新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術を議論

ICEP 2013

【ICEP】カーボン・ナノチューブなど、新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術を議論

  • ICEP2013 論文委員
  • 2013/04/14 20:24
  • 1/1ページ
 半導体チップとパッケージ基板を接続する第1次実装(first level interconnect)に使用される新たな素材として、Au(金)ワイヤからCu(銅)ワイヤへの移行とともに、はんだバンプから、カーボン・ナノチューブ(CNT)や、Cuバンプ同士の接合などへのシフトが進みつつある。こうした新材料・新プロセスを用いたインターコネクト技術が「International Conference on Electronics Packaging(ICEP) 2013」(2013年4月10~12日、大阪国際会議場)で議論された。

おすすめ