• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME電子デバイスICEP 2013 > 【ICEP】Qualcomm、TSVを用いた3次元LSI技術の開発状況について基調講演

ICEP 2013

【ICEP】Qualcomm、TSVを用いた3次元LSI技術の開発状況について基調講演

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/04/11 20:14
  • 1/1ページ
 米Qualcomm社 Program Managerで3次元実装技術を担当するUrmi Ray氏はTSV(Si貫通ビア)を用いた3次元LSI技術の開発状況について、「International Conference on Electronics Packaging(ICEP) 2013」(2013年4月10~12日、大阪国際会議場)の初日に基調講演した。講演タイトルは、「Architecture Trends in Mobile Industry and Impact on Packaging and Integration」である。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓