• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器Mobile World Congress 2013(MWC) > 【MWC】第4のオープン系新OSが登場、その名は「Sailfish OS」

Mobile World Congress 2013(MWC)

【MWC】第4のオープン系新OSが登場、その名は「Sailfish OS」

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2013/03/05 18:35
  • 1/1ページ
Sailfish OSのWebページ(https://sailfishos.org/)
Sailfish OSのWebページ(https://sailfishos.org/)
[画像のクリックで拡大表示]

 フィンランドJolla社はスペインのバルセロナで開催された携帯通信関連イベント「Mobile World Congress 2013」に合わせ、携帯機器向けソフトウエア・プラットフォーム「Sailfish OS」に向けたアプリケーション・ソフトウエアの開発キット(SDK)を公開した(開発者向けページ)。Linux向けで、32ビット版と64ビット版がある。Windows向けやMac OS X向けのSDKの提供も検討しているとする。

 Jolla社は、フィンランドNokia社でソフトウエア・プラットフォーム「MeeGo」の開発に関わっていた技術者が中心になって設立した企業。このため、Sailfish OSはMeeGoの流れを汲む。LinuxのOSコアを持ち、ユーザー・インタフェースはQtベースである。

 MWC 2013では、Jolla社は展示ブースこそ持たなかったものの、基調講演でSailfish OSを紹介。同社 CEOのMarc Dillon氏は「Sailfish girls」とも呼ばれる美女軍団と展示会場を練り歩き、MWC参加者の話題を集めた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓