• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスISSCC 2013 > 【ISSCC】ルネサスが28nm世代のアプリ・ベースバンド統合プロセサを披露、低電力技術を駆使

ISSCC 2013

【ISSCC】ルネサスが28nm世代のアプリ・ベースバンド統合プロセサを披露、低電力技術を駆使

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/21 08:34
  • 1/1ページ
 ルネサス モバイルとルネサス エレクトロニクスは、普及価格帯のスマートフォンに向ける28nm世代のアプリケーション・プロセサ「R-Mobile U2」について、「ISSCC 2013」で講演した(講演番号9.2)。R-Mobile U2は、両社が2012年2月に発表した、ベースバンド・モデム機能とアプリケーション・プロセサ機能を1チップに集積した統合型プロセサ。ベースバンド・モデム機能はLTEとWCDMA、GSMに対応し、LTEでは「カテゴリ4」に対応している。英ARM社の「Cortex-A9」の2コア版を搭載し、最大動作周波数は1.5GHz。 

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓