• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計ISSCC 2013 > 【ISSCC】TSMCがFinFETベース設計手法で講演、「フィンの高さばらつきのSRAMへの影響は軽微」

ISSCC 2013

【ISSCC】TSMCがFinFETベース設計手法で講演、「フィンの高さばらつきのSRAMへの影響は軽微」

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/18 15:47
  • 1/1ページ
 「ISSCC 2013」の会期初日の2月17日(米国時間)に開催されたチュートリアル「Circuit Design using FinFETs」では、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.) Program Director, Chief Technology OfficeのBing J. Sheu氏が講師を務め、FinFETを用いたスタンダード・セルやSRAM、アナログ回路などの設計手法を紹介した。同社は2013年末にリスク量産を始める16nm世代でFinFETを導入する予定であり、FinFETに関しては「問題の洗い出しを済ませており、解決策も用意できている」(Sheu氏)とした。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ