• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスAABC 2013(Advanced Automotive Battery Conference) > 【AABC】東芝、2014年にエネルギー密度を250Wh/L以上に、チタンを用いた新負極を採用

AABC 2013(Advanced Automotive Battery Conference)

【AABC】東芝、2014年にエネルギー密度を250Wh/L以上に、チタンを用いた新負極を採用

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/13 19:04
  • 1/1ページ
東芝は、「AABC 2013」(2013年2月4~8日、米国Pasadena)において、同社の負極材料にチタン酸リチウム(LTO)を用いたLiイオン2次電池について「Advances in Toshiba LTO-based battery “SCiB”and its applications」と題して講演した。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ