• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスISSCC 2013 > 【ISSCC】富士通研究所、プロセサ間で32Gビット/秒の高速伝送を実現できる送受信回路を開発

ISSCC 2013

【ISSCC】富士通研究所、プロセサ間で32Gビット/秒の高速伝送を実現できる送受信回路を開発

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/18 09:00
  • 1/1ページ
 富士通研究所および米Fujitsu Laboratories of America社は、次世代サーバー向けマイクロプロセサ間などのデータ通信において、32Gビット/秒の高速伝送を可能とする送受信回路技術を開発した。これまでプロセサ間のデータ通信速度は数G~十数Gビット/秒だったため、約2倍の高速化を達成したことになる。2014年以降の実用化を目指す。「ISSCC 2013」で3件の関連発表を行う[講演番号2.1、2.5、2.7]。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ