お薦めトピック

【MEMS 2013続報】ゲイツ財団が支援、スマホによるマラリア検査技術

2013/02/07 07:00
三宅 常之=Tech-On!
 2013年1月に開催されたMEMS関連の国際学会「IEEE MEMS 2013」では、「A HANDHELD, CELL PHONE-BASED ELECTROCHEMICAL BIODETECTOR」(携帯電話機を使った生体検知器)と題する発表があった(論文番号:3B1-1)。小型の使い捨てカードに被験者の血液を取り込み、マラリアに感染しているか否かをスマートフォンなどの携帯電話機と組み合わせて、その場で検知可能にすることを目指したもの。「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が財政支援している研究プロジェクトの成果である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング