半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

【MEMS 2013続報】ウエハーから任意チップを剥離し別ウエハーへ移植

三宅 常之=Tech-On!
2013/02/05 13:00
印刷用ページ
支持用のガラス基板に仮貼り合わせしたウエハーから任意のチップを別ウエハーに移植する(東北大学とレーザー技術総合研究所のデータ)。
支持用のガラス基板に仮貼り合わせしたウエハーから任意のチップを別ウエハーに移植する(東北大学とレーザー技術総合研究所のデータ)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
SAW共振器で移植技術を実証した(東北大学とレーザー技術総合研究所のデータ)。
SAW共振器で移植技術を実証した(東北大学とレーザー技術総合研究所のデータ)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年1月に開催されたMEMS関連の国際学会「IEEE MEMS 2013」では、異種デバイスを高度に統合するためのパッケージング技術に関する発表がいくつかあった。そのうちの一つは、チップの仮貼り合わせと剥離に関する技術(論文番号:002)。ウエハー・レベルで、MEMSチップを信号処理チップにフリップチップ実装する際に有効である。

 この技術では、まずは多数のMEMSデバイスなどを形成したウエハーを、支持基板となるガラス基板に仮貼り合わせして、製造装置が把持しやすい状態にしておく。各MEMSデバイスは、周囲のチップとの境界を切断しておく(ガラス基板は切断しない)。このウエハーから任意のMEMSチップを、別ウエハーに形成した信号処理チップなどに載せて接続する。この後に、任意のMEMSチップのみをガラス基板から剥離する。チップの配置を工夫すれば、ウエハー・レベルで扱えて、複数のチップをまとめて実装できる。

 仮貼り合わせの剥離は、ガラス基板の裏面(ウエハーを貼っていない側)からレーザー光を照射して仮貼り合わせ用の接着層の一部を硬化させて行う。今回の発表では、この移植技術をSAW共振器で実現できることを確認した。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング