• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【ナノテク展】巻き取り式のスピーカーが可能に、富士フイルムがフレキシブル性と音響特性を両立したフィルムを開発

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2013/01/31 14:11
1/1ページ
巻き取り式スピーカー
巻き取り式スピーカー
[クリックすると拡大した画像が開きます]
さまざまな形状のスピーカーを展示
さまざまな形状のスピーカーを展示
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士フイルムは、スピーカーの振動板として使えるフィルム「BEAT」を開発し、「nano tech 2013」(2013年1月30日~2月1日、東京ビッグサイト)で披露した。BEATを振動板として使うことで、曲げたり折ったりできるスピーカーが可能になる。nano tech 2013では、薄型のスピーカーや、巻き取り式のスピーカー、扇子状のスピーカーなどを展示した。

 曲げられる振動板を実現するには、柔らかい材料が必要になる。しかし、柔らかい材料は振動を吸収してしまうため、フレキシブル性と音響特性の両立は難しかった。これに対して富士フイルムは、可聴域の20Hz~20kHzでは硬くなり、手で曲げたりする数Hzの領域では柔らかくなる粘弾性ポリマーを用いることで、フレキシブル性と音響特性を両立した。

 この粘弾性ポリマーに圧電セラミックスを混ぜ込み圧電コンポジットとし、電極で挟んだ後に保護層で封止した。電極に電圧を印加すると圧電セラミックスが振動して、粘弾性ポリマーが振動板として機能する。
 手で曲げた際に発生する歪エネルギーは熱として放出されるため、クラックや剥離などを防ぐことができる。可聴域では、振動板として適度な内部損失を保つという。なお粘弾性ポリマーは「過去に開発した材料のストックから見いだした」(説明員)ものである。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング