EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「5日が15分に短縮」、IBMが陽子線治療にEDAで培った技術を適用

秋元大輔=EDA Online特派員
2013/01/25 02:48
印刷用ページ

 Design Automation Conference(DAC)と並ぶ、LSIとシステム設計関係の国際会議「Asia and South Pacific Design Automation Conference(ASP-DAC) 2013」が2013年1月22日~25日にパシフィコ横浜で開催されている。本会議初日である23日の朝には、論文の採択状況などの報告やBest Paper Awardなどの表彰式があり、それに続いて、米IBM社が基調講演を行った。

講演するNassif氏(左端)
筆者が撮影。スクリーンはIBMのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 登壇したのは、IBM Austin研究所のSani Nassif氏で、講演タイトルは「From Circuits to Cancer」だった。そのまま日本語訳すると、「回路から、がんへ」で意味不明だが、講演の主旨は、「LSIやEDAで培った技術が、がん治療に実際に役立った」ことの紹介である。ここのところ調子があまり芳しくないLSIやEDAの技術者を鼓舞する内容だった。

前立腺がんの治癒率が向上

 よく知らているように、がんは心臓病や脳血管疾病と並んで、人間を死に至らしめる原因の上位に挙げられる。米国の男性に限ると、がんは心臓病に次いで死因の2番目だという(日本人の場合は、がんが僅差の1位)。がんの中では肺がん死が最も多く、前立腺がん死がそれに次ぐ。近年、前立腺がん死は多少減少している。その理由は陽子線治療が前立腺がんに有効であることが判明し、前立腺がんの治癒率を向上させているからである。

 米国には、がん治療を目的とした陽子線治療センターが10カ所ある。センター1カ所の建設費用は1億5000万米ドル、すなわち135億円程度が要る。これは素粒子の加速器を含む大規模な装置が必要だからだ。

 陽子線治療では、陽子が当たった場所付近のがん細胞の再生能力を奪うことにより、がん細胞を死滅させる。しかし、一般の細胞からも再生能力を奪うため、ピンポイントでがん細胞に陽子線を当てることが重要になる。陽子線の治療は、他の放射線と違って装置から約10cm離れたところで最も効果が高い。

 このため、陽子線を適切な方向と形状で適切な時間・量を照射すれば、陽子線の通り道の通常細胞にあまり影響を与えずに、がん細胞だけを狙い撃ちすることが可能である。そのためには大規模な物理情報をモデリングし、アルゴリズムを組み立て、ソフトウエアを開発することができるLSIやEDAのエンジニアの能力が有効であるとした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング