家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告24】パナソニックの新プロジェクタは「レーザ+LED+蛍光体」

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/18 13:22
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 韓国LG Electronics社の超短焦点フロント型プロジェクタはレーザを光源にするが(Tech-On!関連記事)、同じような発想のレーザ・プロジェクタをパナソニックが商品化し、2013年1月中に日本と米国で発売することが「2013 International CES」(2003年1月8~11日、米国ラスベガス)後の取材で分かった。

 レーザを光源に使うディスプレイ機器はここにきてブームになりつつある。まず三菱電機がレーザ光をDLP(Digital Light Processing)で光変調するリア型プロジェクタを米国市場でリリースし、次いで米Prysm社がレーザで蛍光体を励起させる発光方式を用いた「Laser Phosphor Display(レーザ蛍光体ディスプレイ)」を実用化した。今回のCESではLG Electronics社がレーザ光源による超短焦点のフロント型プロジェクタを展示。これはDLPを使い、単色の青色レーザからカラーホイールによってフルカラーに着色する。青の部分は、レーザの青色光をそのまま透過させる。赤と緑は蛍光体で発光させている。

 パナソニックの業務用の新プロジェクタ「SOLID SHINEシリーズ」は、「レーザ+LED+蛍光体」発光方式だ。「教育などの用途では長時間の使用が求められます。そこで圧倒的に寿命の長い青色レーザ光を光源にしました。しかし、3色ともレーザでは効率が低いので、青色レーザと蛍光体とLEDの組み合わせを考えました」(関係者)。

 当初はLG Electroncis社のような、カラーホイールに透過部分を設けて青色レーザを直接スクリーンに投射する方式も考えたという。しかし、安全規格認証上、日本ではレーザの直接投射は問題となる可能性があるので、赤と青についてはそれぞれの色のLEDを用い、緑は青色レーザによる緑蛍光体励起を利用する方式にした。「2万時間にわたりランプ交換が不要」がうたい文句である。3500 lmとかなり明るい。電源を入れてからすぐに投射可能だという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング