• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントネプコン ジャパン / オートモーティブ ワールド 2013 > 【ネプコン】IntelとQualcomm、TSVを用いたモバイルSoC向け3次元実装技術への取り組みを語る

ネプコン ジャパン / オートモーティブ ワールド 2013

【ネプコン】IntelとQualcomm、TSVを用いたモバイルSoC向け3次元実装技術への取り組みを語る

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/16 20:53
  • 1/1ページ
 次世代モバイルSoC分野での実用化が期待されているTSV(Si貫通ビア)ベースの3次元実装技術について、米Intel社と米Qualcomm社が「ネプコン ジャパン2013」の技術セミナーでそれぞれ講演した[セミナー番号:ICP-2]。両社とも技術の方向性としては「3次元実装に向かう」としたものの、現状では課題が多いと見ており、実用化は2015年以降になりそうだ。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ