• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告23】「Next Generation Secure Memory」、ライセンス供与を間もなく開始

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告23】「Next Generation Secure Memory」、ライセンス供与を間もなく開始

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/16 20:54
  • 1/1ページ
Next Generation Secure Memoryのストリーム・フロー
Next Generation Secure Memoryのストリーム・フロー
[画像のクリックで拡大表示]

 「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」(パナソニック、韓国Samsung Electronics社、ソニー、東芝で構成)の関係者は、同団体が以前から検討していた、コンテンツ保護技術「Next Generation Secure Memory(NSM)」のライセンス供与開始の発表について「Very Soon」と明かした。

 NSMは、SDメモリーカードなどのフラッシュ・メモリー・カードを主な対象にした著作権保護技術。次世代セキュアメモリーイニシアティブは2011年12月に設立され、「2012年中に技術ライセンスの開始を予定する」としていたが、スケジュールが年明けまで延期された格好だ。NSMの目的は、HDコンテンツをフラッシュ・メモリーに安全に保存し、メーカーが異なる端末でも相互使用できるようにすることだ。関係者は次のように述べた。

 「ハイレゾ時代ですから、テレビだけでなく、モバイル機器でも良い画質で見たくなるのは当然ですね。しかし、ネット環境は米国では必ずしも良好ではなく、低い解像度のものしか流通しなかったり、高画質の映像は見ている途中で途切れたりします。従って、われわれはSDメモリーカードなどのフラッシュ・メモリーでのコンテンツ移動が、当分の間は王道だと認識しています。米国では現在、タブレット端末が異様なほどの人気です。従って、NSMが確立すれば、『サーバーのデータをSDメモリーカードに移し、タブレット端末で見る』という習慣が定着するとみています」。

 NSMはフラッシュ・メモリーに設けたユニークIDと公開鍵暗号による著作権保護システムで、AES128という強固な暗号化技術が採用されている。「HDDなどがハックされる場合は、コントローラ部分のソフトウエアが破られるケースが多いのですが、NANDフラッシュ・メモリーは、ハードウエアの回路部分で暗号が掛けられます。従って、セキュア度はとても高いと思います。これがないと、コンテンツ側はHDでの移動を承認してくれません。セキュアこそ開発でのキー・ファクタでした」(同関係者)。

 2013年1月2日に「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」がLLC組織に格上げされ、ライセンス供与体制が整った。1月中にもライセンス供与が発表される予定である。将来は、BDコンテンツのモバイル展開方式の「ウルトラバイオレット」との連携も模索するとしている。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ