• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ2013 International CES > 【CES 2013】Analog Devicesの3Dサラウンド・オーディオ技術、搭載スピーカーがついに発売

2013 International CES

【CES 2013】Analog Devicesの3Dサラウンド・オーディオ技術、搭載スピーカーがついに発売

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/15 16:34
  • 1/1ページ
テレビの前に設置されている一体型スピーカーが「Soundbar」である
テレビの前に設置されている一体型スピーカーが「Soundbar」である
[画像のクリックで拡大表示]

 米Analog Devices社は、5.1チャネルの3Dサラウンド・オーディオを1チップのDSPで実現する技術について、「2013 International CES」で紹介した。

 同社はここ数年、浮動小数点DSP「SHARC」を活用した3Dサラウンド・オーディオ技術を、音響機器メーカー向けに提案していた。それがいよいよ「Sherwood」ブランドの一体型ステレオ・スピーカー(いわゆるサウンドバー)に採用され、発売されるという。CESの招待客向け特設会場で、Sherwoodのステレオ・スピーカーを実際に設置し、1台のスピーカーで迫力のある3Dサラウンドを構成できることを来場者にアピールした。

 今回の技術は、Analog Devices社が3Dサラウンド技術を手掛けるOPSODIS社と協力して実現したもの。OPSODISの立体音響技術のノウハウを基に、Analog Devices社のSHARC上で実行している。搭載するSHARCは、最大動作周波数が400MHzの「ADSP21487」で、ドルビーやDTSの復号とOPSODISの音場生成を、1チップで処理できる。「一昨年のCESの展示では2チップ構成だったが、昨年に1チップ構成になった。そしていよいよ今年は、製品として発売されるものを展示できた」(アナログ・デバイセズ)と、CESの展示内容が毎年進化していることを示した。

 Sherwoodブランドで発売される今回のスピーカーの名称は「Soundbar S-9/S-7」。機能の違いで二品種存在するが、いずれも「SHARC 21487」を採用する。価格は、「S-7」で299米ドル程度という。

 Sherwoodブランドは、韓国Inkel社が自社ブランド品に用いているもの。Inkel社はほかの音響機器メーカー向けにOEM供給も行っていることから、今後ほかのブランドからも、同様のサウンドバーが登場する可能性がありそうだ。

【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓