家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ソニー、14型/15型画面のVAIO T追加モデルをCESで参考出品

タッチパネルと光学ドライブを搭載した大きめのUltrabook

大橋 源一郎=日経パソコン
2013/01/15 15:42
出典:PC online、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
15型モデルのVAIO T15
[画像のクリックで拡大表示]
天板にアルミニウム合金を使用している
[画像のクリックで拡大表示]
14型モデルのVAIO T14
[画像のクリックで拡大表示]

 米ソニー・エレクトロニクスは、2013年1月8日(米国時間)に開幕した「2013 International CES」の会場で、タッチパネル搭載のUltrabook「VAIO Tシリーズ」を参考出品した。

 現在、VAIO Tシリーズには11.6型、13.3型、14型の3種類があるが、タッチパネルを搭載しているのは13.3型のみ。今回、14型(1366×768ドット表示)と15型(1920×1080ドット表示)の2種類のUltrabookを発売し、タッチ対応機のラインアップを強化した。タッチパネルは10点を検出できるタイプだ。

 天板などはアルミニウム合金。そのほかの詳しい仕様は公開していないが、光学ドライブは搭載していた。手持ちの動画や静止画から見栄えの良い動画を簡単にタッチ操作で作成できる「VAIO Movie Creator」や、ビデオ、音楽などの総合編集ソフト「Imagination Studio VAIO Edition」などをプリインストールする。

 米国では2013年春に発売の予定。説明員によれば、14型は通常モデルが1699ドルで、タッチ対応モデルが1799ドル。15型はタッチ対応モデルのみで1949ドル。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング