• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告18】LGが主張する、RGB方式とカラー・フィルタ方式のメリットとデメリット

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告18】LGが主張する、RGB方式とカラー・フィルタ方式のメリットとデメリット

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/15 15:44
  • 1/1ページ
 このところ毎回の展示会レポートで、韓国LG Display社が有機ELテレビでなぜ「白色有機EL+カラー・フィルタ」方式を選んだのかを記事にしている。これまでは作りやすさをメインに報告してきたが、今回の「International CES」取材でも新しい知見が得られた。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓