• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告15】中国メーカーは早くも4K×2Kテレビを展示、将来の脅威か、顔見せか

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告15】中国メーカーは早くも4K×2Kテレビを展示、将来の脅威か、顔見せか

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/15 14:25
  • 1/1ページ
Hisense社の84型4K×2K液晶テレビ
Hisense社の84型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
Hisense社の110型4K×2K液晶テレビ
Hisense社の110型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
Hisense社の4K×2K液晶テレビ。左から65型、65型、58型、50型
Hisense社の4K×2K液晶テレビ。左から65型、65型、58型、50型
[画像のクリックで拡大表示]
TCL社の65型4K×2K液晶テレビ
TCL社の65型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
TCL社の110型4K×2K液晶テレビ(1)
TCL社の110型4K×2K液晶テレビ(1)
[画像のクリックで拡大表示]
TCL社の110型4K×2K液晶テレビ(2)
TCL社の110型4K×2K液晶テレビ(2)
[画像のクリックで拡大表示]
Haier社の84型4K×2K液晶テレビ
Haier社の84型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
KONKA社の84型4K×2K液晶テレビ
KONKA社の84型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
KONKA社の65型4K×2K液晶テレビ
KONKA社の65型4K×2K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]

 水平分業の業界構造では、パネルとシステムLSIが供給されれば、どんなテレビも作ることができる。これは最先端の4K×2Kテレビでも例外ではない。「International CES」の展示会場では、4K×2Kテレビをこぞって出展した中国メーカーの存在が目立った。

 中国メーカーは、Haier社が84型、KONKA社が84型と65型、TCL社が110型と65型、Hisence社が110型、65型、58型、50型を展示するなど、4K×2Kの主役を奪わんばかりの勢いだった。一方、日本メーカーは、東芝が84型、65型、58型、ソニーが84型、65型、55型、シャープが70型と60型を展示。韓国メーカーは、LG Electronics社が84型、65型、55型、Samsung Electronics社が110型、95型、85型、65型、55型を展示した。

 パネル・メーカーでは、韓国LG Display社がIPS方式で84型、65型、55型を展示。台湾AU Optronics(AUO)社がVA方式で65型、58型を展示した。関係筋によると、Samasung Electronics社の4K×2Kテレビのいくつかは中国製パネルを搭載していたもようだ。

 日韓の製品は、かなり画質が良い。一方、中国の4K×2Kテレビは「4K×2KのVHS(?)」と感じさせるところがある。つまりフォーカスが甘い。輪郭強調がかなりきついところもある。また、中国メーカーは同じ映像素材を使うところもあった(Hisense社とTCL社など)。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓