家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告14】Roviのアダプティブ・ストリーミング、世界のストリーミング・サービスで続々採用

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/15 12:56
印刷用ページ
Media Marktのストリーミング配信サービス画面
Media Marktのストリーミング配信サービス画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
トリックプレイも自在
トリックプレイも自在
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Mei Ah Entertainment GroupとChina Mobile Hong Kongの配信サービス
Mei Ah Entertainment GroupとChina Mobile Hong Kongの配信サービス
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ストリーミング・サービス用の圧縮ソリューショとして米Rovi社の「DivX Plus Streaming」が世界各地でのサービスに続々と採用されていることが分かった。DivX Plus Streamingは、9段階にシームレスに転送レートを変えられるのが特徴である。(1)ボトムの転送レートでスタートするので、映像がすぐに始まる(バッファの時間が必要ない)。その後、転送レートを上げていく。(2)転送レートが下がっても、解像度は落ちるが、映像は途切れない。(3)解像度やフレーム周波数が低下することなく、早送りや巻き戻しを実行――と、優れた性能を備えている。

 ドイツで約250、その他の欧州とアジアで約650店舗を展開するドイツの大手量販店「Media Markt」のストリーミング配信サービスがつい最近、開始された。ここでは特別機能として、DVD以上のインタラクティブ機能が実装されている。32倍までの立ち上がり、スムーズな早送り・戻しや、再生途中での字幕変更やデバイス切り替え時のレジューム再生が可能だ。これは本体映像、音声、サブタイトルをそれぞれ、別のストリーミングで伝送することで対応している。

 香港の映像配信会社Mei Ah Entertainment GroupとChina Mobile Hong Kongが中国および海外向けに展開する、3GとLTEネットワーク経由でのモバイル機器向けの配信サービスに、DivX Plus Streamingが採用されたことも明かされた。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング