• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告12】LG Electronics、蛍光体発光のレーザ・プロジェクタを開発

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告12】LG Electronics、蛍光体発光のレーザ・プロジェクタを開発

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/11 17:47
  • 1/1ページ
レーザ・プロジェクタの本体
レーザ・プロジェクタの本体
[画像のクリックで拡大表示]
スクリーンに投射した映像
スクリーンに投射した映像
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国LG Electronics社が、レーザ光を光源に使う超短焦点のフロント型プロジェクタを開発した。三菱電機が手掛けているレーザ方式のリア型プロジェクタと同様にDLP(Digital Light Processing)で光変調する。単色のレーザ(青色)をDLPのカラー・ホイールでフルカラーに着色する。

 ここで非常にユニークなのがカラー・ホイールの材質である。青の部分はレーザの青色光をほそのまま透過し、赤と緑の部分は蛍光体で発光させる。レーザで蛍光体を励起させる発光方式は米Prysm社の「Laser Phosphor Display(レーザ蛍光体ディスプレイ)」で、既に実用化されている。

 画質は、フルHDという割にはフォーカスが甘い。50cmの距離で100インチ(約254cm)の投射が可能という超短焦点レンズにより、歪みが発生しているのが理由だと、関係者は明かす。改善の途中だという。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓