家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告11】ソニーとパナソニックの56型4K×2K有機ELの違い

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/11 17:43
印刷用ページ
 「International CES」会場での大きな話題が、ソニーとパナソニックの56型4K×2K有機ELだ。この二つのディスプレイは、いかに画質が違うか。まず技術的な側面から見ていこう。画面サイズは56型で全く同じである。ソニーとパナソニックは有機EL開発で提携しており、ソニーは台湾AU Optronics(AUO)社と提携している。ソニーは、これはAUO社との共同開発であることを認めている。パナソニックはその点を不明にしているが、酸化物半導体TFTを使う同種パネルと思われる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング