• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告11】ソニーとパナソニックの56型4K×2K有機ELの違い

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告11】ソニーとパナソニックの56型4K×2K有機ELの違い

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/11 17:43
  • 1/1ページ
 「International CES」会場での大きな話題が、ソニーとパナソニックの56型4K×2K有機ELだ。この二つのディスプレイは、いかに画質が違うか。まず技術的な側面から見ていこう。画面サイズは56型で全く同じである。ソニーとパナソニックは有機EL開発で提携しており、ソニーは台湾AU Optronics(AUO)社と提携している。ソニーは、これはAUO社との共同開発であることを認めている。パナソニックはその点を不明にしているが、酸化物半導体TFTを使う同種パネルと思われる。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ