家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告8】パナソニックの基調講演――「脱テレビ」ではないが、明らかに軸足は業務用領域へ

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/11 15:31
印刷用ページ
基調講演するパナソニック 代表取締役 社長の津賀一宏氏
基調講演するパナソニック 代表取締役 社長の津賀一宏氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
パナソニックのブースで展示されている、印刷プロセスを用いた56型有機ELディスプレイ
パナソニックのブースで展示されている、印刷プロセスを用いた56型有機ELディスプレイ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニックの軸足は明らかに業務用領域だった。事前に予想されていた「脱テレビ」を宣言するわけではなかった。しかし、テレビも含めて、パナソニックは総合弱電メーカーであることを、そして既にB to B領域で広範なビジネスをしていることを改めて、米国の家電業界とジャーナリストに示した形だ。

 特に「International CES」ではこれまであまり触れられてこなかった、家、ビジネス、クルマ、飛行機、コミュニティなど、パナソニックの事業分野の広さには業界人も驚いたことだろう。テレビに関しては世界初の印刷プロセスを用いた56型有機ELディスプレイというサプライズはあったものの(Tech-On!関連記事)、メインはセカンド・スクリーンでのスマートテレビ。ただ、これは誰もが言っていることで、筆者としては、パナソニックならではの画期的なコンセプトを期待したかった。百貨店的な事業分野紹介だったが、もっと専門店的な慧眼と、横串の発想が欲しかった。

 パナソニック 代表取締役 社長の津賀一宏氏は、基調講演の前にかなりリハーサルしたようだ。常に軽い笑みをキープし、ある文節では左に、次に中央に、そして右にという規則性が感じられた。服装はビジネスマン的で仕立てが良い。しかし微笑みが硬く、もっとリラックスした方がより自信が感じられただろう。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング