家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告7】Blu-ray Disc Association、4K×2K対応Blu-ray Discの技術検討を開始

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/11 15:09
印刷用ページ

 Blu-ray Discの規格制定団体「Blu-ray Disc Association」(BDA)が、次世代の4K×2K対応Blu-ray Disc(BD)の規格制定に向けて動き出した。BDAで複数の新規プロジェクトの検討テーマの一つとして取り上げられ、容量、コーデック、著作権保護などの個別のサブジェクトの検討が始まると見られる。

 ハリウッドのスタジオによって4K×2Kに対する空気が異なるのが現状であり、スタジオとの具体的な協議はこれからだ。しかし、この「International CES」での4K×2Kテレビの盛り上がりを目の当たりにして、彼らも真剣に取り組まなければならないと認識してきた。DVD、BDの規格制定時と同じく、今後はスタジオから要望事項を出してもらう方向だ。新フォーマットの設定目標スケジュールなども検討対象である。コーデックは現行のAVCだけでなく、次世代のHEVCも採用候補だ。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング