半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【CES 2013】“周囲の雑音を減らす”椅子、イスラエルのベンチャーが開発

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2013/01/11 14:41
印刷用ページ
Quiet Bubbleを組み込んだ椅子
Quiet Bubbleを組み込んだ椅子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
信号処理用のDSPなどを実装した基板
信号処理用のDSPなどを実装した基板
[クリックすると拡大した画像が開きます]
技術を紹介するCPOのNaor氏
技術を紹介するCPOのNaor氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 イスラエルのベンチャー企業であるSilentium社は、周囲の雑音を低減する技術を開発、「2013 International CES」に出展した。周囲の雑音の周波数と、逆位相の周波数の信号を生成することで雑音を消す、アクティブ・ノイズ・キャンセルをベースに、独自の信号処理技術で静音性を高めたという。同社は開発技術のライセンス供与を想定しており、航空機のビジネス・クラス用シートの開発メーカーや、自動車メーカーなどへの採用を目指している。

 Silentium社は、開発した技術を「Quiet Bubble」と呼んでいる。80Hz~2kHzにおける雑音を周囲から取得し、DSPを使って逆位相の信号を生成して雑音レベルを低減する。同帯域において、15dB~20dBの低減効果を確保できるという。「人の話声など音声には影響しない」(同社 Chief Product OfficerのYoel Naor氏)としており、周囲の雑音が激しい場所でも会話を継続できることを強みに、採用を働きかけていく考えだ。

 ベースとしているのは、ヘッドホンなどでも利用されているアクティブ・ノイズ・キャンセル技術だが、同社独自の技術が加わっているという。「多数の方向からやってくる雑音に対して、どの方向の雑音が主因であるかを計算し、静音性を高めている」(Naor氏)。同社の技術は、これまでにイタリアの厨房機器メーカーに採用されており、換気扇のファンの雑音を低減する用途に用いられている。同社は、評価用キットを約3000米ドルで販売しており、既に100社以上が購入しているとする。評価用キットでは、信号処理に米Analog Devices社のDSPを用いている。

 CESの会場ブースでは、Quiet Bubble技術を組み込んだ椅子を用意した。来場者に実際の効果を感じられるように、人工的に雑音を周囲で発生させ、Quiet Bubbleのオンオフを切り替えながら雑音低減能力をアピールした。展示会場では人気のブースとなっており、多くの人が静音性を確かめていた。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング