家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】パナソニック、顔認識や音声操作が可能な大型テレビを公開

携帯端末と画像や映像をやり取りする機能も

斉藤 智彦=ライター
2013/01/10 16:00
出典:PC online、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 家電やデジタル機器の総合見本市「2013 International CES」の開幕を翌日に控えた2013年1月7日(米国時間)には、CESに参加する各社が発表会を開催した。パナソニックからは、パナソニックノースアメリカ パナソニック コンスーマエレクトロニクスの北島嗣郎社長が登壇し、テレビを中心とした同社の2013年の新製品ラインアップを紹介した。

2013年の新製品群を説明する、パナソニック ノースアメリカ パナソニック コンスーマエレクトロニクスの北島嗣郎社長
[画像のクリックで拡大表示]

 北島社長は「テレビは、番組や映像のコンテンツを届ける存在から、新しいコミュニケーションの媒介者である『Your TV』に進化していく」とし、2013年の新モデルは「パーソナライズとコンテンツへのアクセスの容易さを強化した」と解説した。

 その代表例として、使いやすさを追求したという新しいホーム画面「My Home Screen」を紹介。直感的なユーザーインタフェースで、見たいコンテンツに素早くたどり着けるように、ホーム画面をカスタマイズできる。テレビがカメラを搭載しており、家族の顔を認識してMy Home Screenを切り替えることも可能だ。音声によるテレビの設定変更もできるようにする。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング