• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【CES 2013】Qualcommが4K対応の「Snapdragon 800」搭載スマホを披露、HD動画処理を実演

2013 International CES

【CES 2013】Qualcommが4K対応の「Snapdragon 800」搭載スマホを披露、HD動画処理を実演

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/10 06:30
  • 1/1ページ
Snapdragon 800シリーズを搭載したスマートフォンの試作機
Snapdragon 800シリーズを搭載したスマートフォンの試作機
[画像のクリックで拡大表示]
HD動画処理を実行して画面に表示した。LTEの高速伝送に対応できることを示している。
HD動画処理を実行して画面に表示した。LTEの高速伝送に対応できることを示している。
[画像のクリックで拡大表示]
タブレット端末の試作機。高精細ゲームの処理を実行している
タブレット端末の試作機。高精細ゲームの処理を実行している
[画像のクリックで拡大表示]

 米Qualcomm社は、同社の次世代マイクロプロセサ「Snapdragon 800シリーズ」を搭載したスマートフォンを試作、「2013 International CES」の会場で披露した。

 Snapdragon 800は、クアッドコア構成のマイクロプロセサで、4KのHD映像を処理できるほか、最大150Mビット/秒のLTE通信に対応する。会場ブースでは、3本の1080p画質のHD動画ストリームと、Webブラウジングのデータを同時に処理する様子を示した。モニターの画面では、120M~130Mビット/秒という実効的な伝送速度が表示されていた。Snapdragon 800シリーズのチップを搭載した端末は、2013年後半にも登場するという。

 このほか、Snapdragon 800を搭載したタブレット端末も見せた。これを使い、高速のグラフィックス演算が可能なことを示すため、高精細のゲーム処理を実行する様子を示した。Snapdragon 800の最大動作周波数は2.3GHzだが、試作したタブレット端末は最大1.5GHzで動作させていた。端末の電池駆動時間を延ばすため、各CPUコアの動作を制御することで、消費電力を低減したりできるという。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ