家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】印刷を用いた4K有機ELを公開、パナソニック、酸化物半導体はソニーと協力

大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
2013/01/10 02:06
印刷用ページ
図1
図1
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2
図2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3
図3
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4
図4
[クリックすると拡大した画像が開きます]
会場が一瞬湧いたスライド。米国で人気の「Mustang」に乗っている。University of California Santa Barbara留学時に撮ったという。
会場が一瞬湧いたスライド。米国で人気の「Mustang」に乗っている。University of California Santa Barbara留学時に撮ったという。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6
図6
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図7
図7
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニックは、「International CES 2013」に56型4K対応有機ELディスプレイを出展した(図1~3)。自社開発の印刷プロセスを適用しており、酸化物半導体の開発ではソニーと協力した。同社 代表取締役 社長の津賀一宏氏はキー・ノートで、その大きさと表示の鮮やかさ、薄さを強調した。量産計画や想定価格は開示していない。

 キー・ノートで津賀氏は、パナソニックが単なるテレビ・メーカーではなく、車載電装品、住宅/店舗設備、航空機の機内エンタテインメント・システムを含めた広範な商品を提供していることを説明した(図4~5)。

 例えば、GM社のテレマティクス機器「MyLink」の開発に協力したことに言及。同機器のユーザー・インタフェースはHTML5が使われている。このほか、20型の4Kタブレットを公開(図6~7)。Windows 8を搭載し、満充電からの電池寿命は2時間。写真家がスタジオで撮影結果を確認したり、リモート・ファインダーとして用いたりすることを想定している。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング